地震にも強い輸入住宅で安心

輸入住宅というと耐震や制震のことについてあまり考えておらず、弱い印象がありました。地震が多い日本では、そのことから身を守ることがとても大切ですね。特に家の中は、安全にしたいものです。日本の住宅の場合は、地震対策として多くのハウスメーカー等が十分対処してきています。そのため、地震のことについて多くのどのメーカーも安心できると言えるのではないかと思っています。
そんな時、輸入住宅の事を考えてみました。輸入住宅というと、ぱっと思うと地震のことについてあまり考えておらず、弱い印象がありました。ところがそのことは間違いであることがわかったのです。
輸入住宅の多くは、壁面を組み合わせているのでそのことから、揺れを分散しやすくなっているということです。それはとても嬉しい事ですね。日本の住宅でも、その建築方法を多く取り入れています。
地震に強い家というのは、まず一番に考えることが大切と思っています。家の中にいて、安心できるという、そんな家として輸入住宅もあるということを改めて知り、とても感動した事でした。

輸入住宅の人気について

最近よく洋風の輸入住宅を岡崎市内でも見かけることが多くなりました。ここ数年どんどん人気が上がってきているのがわかるくらい新築の家が和風よりもはるかに洋風の作りの家が増えています。なぜそこまで人気なのか考えたいと思います。理由としてはやはり今家を建てようとしていることが世代が20代から30代の比較的若い年齢層だからというのがあります。アパートやマンションの家賃を払うなら家を建ててしまおうという考えで若いうちに家を建ててしまう人が増えています。そういう人たちはやはり世代が若いため昔ながらの和風の家よりも新しくておしゃれな洋風住宅つまり輸入住宅の方に傾いている傾向があります。そのため新築の家を見ていると和風の家というのがほとんどないのだと考えられます。その流れで住宅メーカーの営業マンも若い世代向けの輸入住宅に特に力を入れて売り込みしています。そういう影響があって街には輸入住宅がどんどん増えているのだと考えられます。

輸入住宅が似合う人になるのは大変です

もう10年ほど前のことになりますが、夫の大学時代の先輩の新築祝いにお伺いしたら、豊田市郊外の新居は輸入住宅でした。家具やカーテンなどの内装も考え抜かれていて、お洒落な暮らしぶりやセンスに感激しました。
我が家も数年前にマイホームを購入しましたが、和室もある普通の家です。家を建てる際に、輸入住宅が特に高価というわけではないことも知りましたが、私は押入れのある和室がほしかったので、輸入住宅は考えませんでした。最近は和室を作らない家が多いと聞きますし、それならいっそお洒落な輸入住宅にしようと考える人がいても当然のように思います。
私が輸入住宅を考えなかったのは、自分の生活ぶりが輸入住宅に見合うほどお洒落とは思えなかったからです。この先歳を取ったら、ますます輸入住宅が似合わなくなりそうです。
一方で、娘は輸入住宅に憧れていて、広い庭付きの洋館に住み、ターシャ・テューダーのように暮らしてみたいそうです。輸入住宅は都市部で多く見かけますが、案外田舎の方が似合うかもしれないと思いました。

近年高まる輸入住宅への関心

どうして多くの方が輸入住宅のマイホームに関心を持っているのでしょうか?
まず第一に、インターネットやスマホの普及により、そもそも海外の住宅や暮らしを知らなかった層が輸入住宅に関心を持っているのだと思います。また、ひと昔前の日本人には国内の住宅メーカーでしか安くて良い住宅は作れない!という先入観や固定観念がありました。材料の輸入といった物理的・技術的なコストも、インターネットの登場や、建築技術の向上など様々な課題がクリアされたことによって、解決されつつあります。なので、現在はそういった要望に応える建築事務所も増え、作りたい住宅を相談すれば以前よりも、手軽に、安く、良いものが作りやすくなっています。
むしろ景気の悪化や五輪需要による材料費の高騰で、国内の住宅メーカーは相対的に高く、均一化されていて個性がない、というイメージさえある時代です。こういった経緯から、輸入住宅が住環境の選択肢の一つに上がってきたのは当然といえるでしょう。

狭い土地に建てるのならプロヴァンス風住宅

輸入住宅のなかでも、南仏風住宅、いわゆるプロヴァンス風住宅は、住宅街に輸入住宅でマイホームを建てたい人にもオススメです。なぜかといえば、狭い土地でもそれなりにさまになる住宅デザインだと感じるからです。

私の友達のマイホームがまさにプロヴァンス風住宅なのですが、狭い土地でもデザイン性が高くおしゃれな印象を受けました。住宅街の中に家を建てますと、日当たりは諦めなくてはならないところがあるじゃないですか。隣近所との十分な距離を確保することは難しいですし、それに窓の位置によっては、お隣さんから丸見えになってしまいますからね。

その点を考えますと、プロヴァンス風住宅って、狭い土地に建てるのに合っている住宅だと思うわけです。なぜなら、窓を小さく、そして不規則な位置に窓をとっても、しっくりとハマるデザインだからです。これが日本家屋の場合ですと、規律から外れた窓に、違和感を覚えることでしょうけれど、明るい色使いのプロヴァンス風住宅では、小さい窓が縦列に並んでいるデザインでも、それがおしゃれに見えますからね。住宅街に建てるのにも向いている家だと思ったのです。

輸入住宅の魅力や注意点について

住宅を購入する際には様々な選択肢があり注文住宅や建売住宅など色々とあるのですが、それ以外にも輸入住宅なども魅力的な選択肢の1つです。

輸入住宅には多くの魅力が存在すると同時に注意点も存在するので、その辺りについて色々と書きたいと思います。

輸入住宅の魅力と言っても色々とありますが例えば日本の住宅には無い輸入住宅ならではのデザイン性が挙げられ、その点に関して魅力を感じる方は多いです。

また断熱性や耐震性など機能面が優れている点も輸入住宅の魅力で、安心して長く住み続けることが可能になっています。

一方で輸入住宅には注意点も存在するので魅力的な面ばかりに目を向けるのではなくて、その点に関してもしっかりと把握しておくべきです。

いくつか注意点がある中でも特に知っておくべきなのはメンテナンスについてです。

輸入住宅は主に海外から輸入した建材を使用するのですが、メンテナンスが必要になった際に国内に建材の在庫が無い可能性があります。

そういった点を踏まえて輸入住宅を購入する際には在庫を十分に持ったメーカーを選ぶようにしたり、メンテナンスを行う際には余裕を持つことなどを意識すると良いです。

後々に困ったことにならないためにもどういった注意点があるのか把握した上で、輸入住宅の購入を検討するようにしてください。

輸入住宅はどのようなメリットがある?

アメリカや北欧のデザインの住宅に憧れて最近では輸入した建材を使用して建設される輸入住宅を建てる人が増えてきています。建築費用が高くなってしまう点が少し問題となってしまう部分ではありますが、メリットになる点もそれなりにあります。そこで輸入住宅はどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

・耐震性が優れている

輸入住宅は大きな地震が起こった時に壁が揺れを分散させてくれます。それで地震の揺れを感じにくくなり倒壊するリスクも少なくなります。耐震性が優れていて大きな地震が起こった時の安全性が高い点が輸入住宅のメリットになります。

・寒さに強い

アメリカや北欧は冬の時期になると氷点下まで気温が下がるのですごく寒くなります。それで寒さに対応するために断熱性に強い建材が使用されています。輸入住宅を建てて生活を始めると寒さにもしっかり対応する事が出来る点もメリットになります。

輸入住宅はこのようなメリットがあるので金銭面で余裕がある人は検討してみるといいでしょう。

海外の住宅を輸入する良い点と悪い点とは

海外の住宅を輸入しようと思った時は当然良い点と悪い点があります。
では、実際に海外の輸入住宅を建てるときどこが良いかというとそれはその家のデザインが良いというのがあります。

なので家を建てる時に人とは違った家に住みたいと思った時は海外の住宅を輸入した方が良いというのはあります。なので変わった家に住みたいと思った時は海外の住宅を輸入するメリットはかなりあります。

では、海外の住宅を輸入する事で悪い点はないのかというとそういう事はないです。海外の住宅を輸入する事でどういう悪い点があるかというと、それは海外の住宅を輸入する事で通常の日本家屋を購入するよりもずっとコストが高くなるというのがあります。

なので家にそれだけ高い費用は出せないと思っている人にとっては海外の住宅を輸入するのはデメリットがかなりある事になってしまいます。特に家を建てる費用はできるだけ抑えたいと思うなら海外の輸入住宅はかなり不向きであると言えます。