一戸建ては一生で一番高い買い物。後悔せずに

家の外観や設備は目で見てその質感は感じられますが、構造躯体は建築中でしか確認できません。

ハウスメーカーによって色々ありますが、いわゆる外見のお化粧の部分はどのハウスメーカーでも同じものを使えば差はありません。

そこに差別化を求めるのはナンセンスだと感じ、建築中の仕様、工法に目を向けて確認しなければ本当の価値は見いだせないのではないでしょうか。そのため、できるだけ建築中の現場を自分の目と、ハウスメーカーの営業担当から説明を受けて納得することが苦労しました。

先ずは自分の感性で木造と鉄骨造りのいずれが良いか検討しました。

私の場合、木造でしかも耐震性の高いツーバイフォーが安心できると感じ、それ以降はネットを通じてハウスメーカーを検索し、実際に住宅展示場へ行って話を聞きました。

更に気に入ったハウスメーカーの建築現場へ行き、営業担当の話の裏付けを確認したりしました。

面倒だと思う方もいらっしゃると思いますが、人生で最高値の買い物と言われる住宅を検討するのですから、それくらいの労力は費やさないと後で後悔するようなことがあっても後悔しきれません。私はお陰で今は納得する家に住んでいると自信をもって言えます。

住宅建築、選択にはかなりの労力が掛かると思います。もちろん、労力を掛けないで決めることもできますが、それで失敗したと後悔しても、時既に遅しです。

PR|愛知県で高気密な輸入住宅を!