輸入住宅の寿命の長さは魅力的

日本はあらゆる分野で先進国だと思っていましたが、建築面ではそうでもないのでしょうか。というのも、輸入住宅を見てみるとかなりの長寿だからです。

特にヨーロッパ方面では家は長生きで、イギリスでは150年ほど持ちます。その理由の中には、レンガ作りであることや、外断熱を利用していることが挙げられると思います。その仕組みがそのまま活かされている輸入住宅なら次の世代へ家を受け継いでいくことができます。

一方日本の家は30年経てばメンテナンスが必要になったり、リフォームをしたりするくらい寿命が短いです。よって、外観だけいくらヨーロッパを装っても外観だけいくらヨーロッパスタイルでも中身の構造がそちらよりにならないと耐久性の面では弱いなと感じます。

湿気のある国であったり、地震の多い国だからというような素人の私が知りえない理由で欧米の家をマネできないのかもしれませんが、そうでないなら何故日本の家が短命なのか疑問に思います。人の寿命は延びているので、もしかしたら人生で2度家を建てるという時代が来てしまうかもしれません。